地を這う女帝

動物や植物の素顔をパシャリと撮っていきたいブログ。
2017/06/26(月)

ミカドアリバチ2修正-桜ヶ丘公園b
2017.6.24 東京



それもまた尊い生き方なのです。


ミカドアリバチのメスです。アリバチの仲間のメスは翅を持っておらず、名前の通りアリのような姿をしています。
…少しずんぐりむっくりしてはいますが。このミカドアリバチはハナバチの巣に侵入し幼虫に卵を産んで寄生させるそうです。帝は単に体が大きいという意味だとか。

ちなみにちゃんと針も持っています。このミカドアリバチはあまり強い毒を持っていないようですが、海外には強毒でかなりの痛みを伴うアリバチもいるみたいなので、一応注意するに越したことはありませんね。
単体で地上を這っているだけなのでよっぽどのことがなければ刺されないとも思いますが。


ミカドアリバチ3修正-桜ヶ丘公園b

ミカドアリバチ修正-桜ヶ丘公園b


初めて見た段階でアリではないとわかった位には大きいです。これは擬態というより、ただ翅がないハチという感じでしょうか。そもそもアリとハチは近縁ですしね。
しかしもこもこしてて可愛いなあ。刺される心配がなければ腕とかに這わせてやりたくなる。


では、ごゆるりと。

関連記事

>>この記事にコメントする

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | HOME | 

 | Copyright © いきものぱしゃり All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド